コーヒーのドリップバッグのお話し

当店ではドリップバッグをご提供しています。(ドリップバッグ

ドリップバッグ。
モンカフェなどでおなじみと思いますが、カップオンしてお湯を注ぐだけで、手軽にドリップコーヒーをお楽しみいただける商品です。

ただ、このドリップバッグ。コーヒーの商品として良いのか悪いのか?で、考えると、ミルやドリップポットなどのコーヒーの道具を揃えて飲むのに比べるとやっぱり味が制限されてしまうので、自家焙煎コーヒーを提供している者として、正直、「どうだろう。。。」と思うところはあります。

でも、コーヒーが身近なものとして定着したといえども、コーヒーの抽出道具を揃えている方はまだそんなにいらっしゃいません。
「コーヒーは好きなんだけど、家にドリップする道具がなくて。。」
よく聞く言葉です。コーヒーはもともと紅茶や緑茶のように、生活に密着した飲み物。道具がない、道具が高価で揃えられない、ということだけで、気軽に美味しいコーヒーに接することができないというのもおかしな話なので、なるべく機会を作りたいということでこの商品を用意しました。

スーパーなどで市販されているドリップバッグは、いつ焙煎されたかわからないものが売られています。商品の特性上、経済価格にするために工場などで大量生産する必要があるからです。大量に作られたものはみなさんの手元に届くまでにはかなりの時間がかかります。さらに、コーヒーの酸化を目立たなくさせるため、深煎りのコーヒーの粉末の粒子が細かい粉を封入し、8gの少量でも苦味(その中には雑味も。。)が強調されて抽出されるようになっています。

僕らはその状況を回避するために、販売量をみながら、1つ1つ店舗で、焙煎鮮度の高い豆を挽き、分量を計り、丁寧に詰めて、みなさんの手元に届く時間をなるべく短縮しようとしています。手間やパッケージコストなどを考えると、儲けはありません。僕らも、工場に豆を渡してパッケージをお願いして、大量生産することもできますが、それだと、僕らが届けたいコーヒーとはかけ離れたものになってしまうのであえてやっていません。逆に、そんなことをしてコーヒーや僕らの店を嫌いになっちゃう人を増やしたくないですし。

今、細々と自分のペースでやれているからできていることで、この先いつまでこの作業ができるかどうかはわかりませんが、美味しいコーヒーをお届けしたいので、続けられる限り、頑張って続けたいと思います。

当店で用意しているドリップバッグの豆の量は12g。注ぐお湯の目安は150cc。ご自宅にあるマグカップで美味しい状態になることを想定してご提供しています。
1個あたり100円。コンビニやマクドナルドとはぜんぜん違う味わいをお届けできると思います。

Web Storeでも10個から販売を開始いたしましたので、是非お試しください。
https://www.beastiecoffeeclub.tokyo/shop/products/detail/18

(written by:Nobuhiro Yuge)